メンズファッション流行・トレンド情報

スポンサードリンク

アンドゥムルメステールとは

アンドゥムルメステールは、1985年、夫のパトリック・ロビンとともに自身の名を冠したブランド「アン・ドゥムルメステール」を立ち上げたことにはじまります。

アン・ドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)は1959年にベルギーのコートヤックに生まれ、1981年、ベルギーの名門校であるアントワープ王立学校を卒業しました。1986年、ロンドンの展示会にアカデミーの卒業生5人と共に出展し〝アントワープシックス〟として大きな話題を集めました。そしてその後ついに1986年、念願のロンドンコレクションにてデビューします。

1987-1988 A/Wからレディース・コレクションをスタートし、1991年から発表の場パリに移します。1992年、パリでレディースコレクションを初めて発表後、1996年からレディースと共にメンズ・コレクションを本格的にスタート。

1999年に故郷であるアントワープに自身のショップを初めてオープンさせ、日本では表参道ヒルズに販売店がオープン。現在は全世界30カ国以上で彼女の生み出す服は販売されています。

彼女の作り出す洋服の特徴は、破壊的、ディスコンストラクション(脱構築)の二言に要約されます。そして彼女の服の根底にはロックがあり、そのため中心になる色はモノトーン、使用される素材は革、ウール、フランネルなどになっており、これらが彼女の洋服であるというシグニチャーにもなっています。この姿勢は20年以上さかのぼるデビュー当時から一貫して保たれています。

 

アンドゥムルメステールの演出力

アンドゥムルメステールは、現在パリでコレクションの発表を行っていますが、 時折観客がびっくりするような演出をファッションショーに盛り込んでくれます。 数年前、伝説のロックシンガーパティスミス(女性)がテーマとなったメンズウェアのランウェイで、なんと60歳を優に超えた本物のパティスミスがメンズモデルに混ざってキャットウォークに登場したのです。

そして、BGMももちろんパティスミス。このプレゼンテーションは強烈なインパクトとして世界中で絶賛されました。 現在日本ではシーズンが新しく変わるたびに、ヴォーグニッポン、ポパイ、ヒュージ、センスなどのハイファッション雑誌に彼女の新しいクリエーションが大々的に紹介されます。 その多くはただ商品を平おきにしてカタログのように物取りしたものではなく、イメージにぴったりと合うモデルを選び様々なシチュエーションで言葉を介さずして世界観をイメージさせるものばかりです。

レディースウェアからはじまったブランドであるにもかかわらず、アンドゥムルメステールはメンズ色が非常に強いブランドです。その理由としては、女性ものももともと中性的なデザインであり、メンズラインを発表したことにより、さらにこのブランドの軸が固まったからのようです。 デザイナー自身も自らのクリエーションを身にまといランウェイの最後に恥ずかしそうに出てくる姿は女性でもなく、男性でもない、表現を変えてみればひとりの表現者としてそこに強く存在し続けているのです。

アンドゥムルメステール日本のショップ

アンドゥムルメステールのパリのオンリーショップや、東京都内の店舗ではシーズンごとの新作アイテムがほぼすべて揃っています。 メンズとレディースのラインは一応分けられていますが、どこが境目なのか分からないほどひとつに混ざりあっています。

また、ショップの内装も打ちっぱなしのコンクリートの壁にシンプルな鉄製のラック、いくつかのオブジェが飾られているのみのシンプルな空間で響く音楽はもちろんロック。音楽好きなデザイナーだけに、日々ショップで流れる音楽にも相当なこだわりがあるようです。 アクセサリー類も充実しており、靴、ネックレス、手袋、バッグ、マフラー、サングラスなどさまざまに取り扱っています。 これらも洋服と同様に、オールシーズン基本の色はブラック、ホワイト、そしてグレイ。時折、ラメのはいったような素材が登場したり、バックルに光沢感のある重い金属を使ったりしますがそれらはあくまでエッセンス。

ストイックに限られた好みの色とお気に入りの素材の可能性を追求しているのがこのブランドの特徴です。 ハイファッションブランドとよばれるだけあり、価格も決して安いものではありません。Tシャツやカットソー類は3万円代から、ジャケットになると10万円〜高いもので30万円はします。