メンズファッション流行・トレンド情報

スポンサードリンク

スマートに見せるスタイリング

街中をみれば分かる通り、タイトな着こなしがトレンドの昨今。やはりスマートに洋服を着こなしたいですよね。体型を気にせずにスマートにファッションを魅せるスタイリングはいくつかの要素があります。

まずはとても簡単な方法。体型の限界まで細くタイトな服を着ることです。そもそも昨今の洋服自体、パターンが細めに作られており、ほとんどの場合において細めの服を購入すれば、そのままタイトに着こなせます。それでトップスとボトムスをタイトにすれば、言葉通りスマートになります。ただこれは体型が正否を決める方法。やはりテクニックが知りたいですよね。

そのひとつに、相対的にスマートに見せるという手法があります。ボリュームのあるトップスにスキニージーンズを合わせてみたり、ワイドボトムにタイトなトップスを合わせてみたりと、対にあるサイズの物を相対的に組み合わせることで、スマートに見せたい部分をスマートに見せるという方法です。

でも、やはりスマートに見せたいのであれば、やはりスマートな体型になることです。モデルに太った人いませんよね。スタイリングでスマートに見せることはできても、やはりそれはスタイリング。結局はベースである自分の体型がファッションや見た目自体を左右します。どうしてもスマートになりたい、という人はまずトレーニングから初めてみてはいかがでしょう。

 

部位別に細く見せるテクニック

ここでは体の各部位を細く見せるためのスタイリングテクニックを紹介していきたいと思います。

まずは首元から。首周りの太さが気になる方は、マフラーやストールなどで「隠す」ことがオススメです。軽く首もとに巻くだけでも、顔が小さく見え、首の太さも隠せます。また全体のコーディネイトのアクセントにもなりますよね。

 

逆に胸元がオープンでフェミニンなトップスが流行していますが、首が太い人があの格好をすると、さらに太く見えてしまう、という逆効果になってしまいますので、くれぐれもご注意を。

 

次に最も多くの男性が気になるポイントがお腹。年を取る度に出てくる悩みの種ですよね。ここを細く見せるにもいくつかのポイントがあります。まずはトップス自体を大きくすることでお腹の張りを目立たなくする方法。

他にも、ボトムを太くし相対的に腹周りを細く見せるなど色々テクニックはありますが、お腹周りはやはり「凹ます」のが一番良い方法だと思います。また出来るかぎり、シャツやトップスをボトムにインしないことです。お腹周りが最も強調されてしまいますので。あとはジレ(ベスト)を着用し、上から覆い隠すのもオススメですね。

 

他には、「腕が短いので困っている」や「足が短い」といった悩みもよく聞きます。この問題を解決する方法は、シャツの袖やボトムの裾を「折り曲げる」というテクニックがあります。長袖やボトムを途中で折り曲げることにより、シューズや手にコントラストが生まれ、ウェークポイントをオシャレなポイントへと転換してくれるのです。しかも最近、流行しているファッションテクニックですので、ぜひ一度お試しください。

 

また、タイトなスタイルで気になるところがおしり。ここがたるんでいると一気におじさん臭が漂ってしまいます。基本的には筋トレが一番良いのですが、スタイリング的には股底が浅く、ややスキニータイプのボトムを着用するとヒップが引き締まって見え、美脚効果もあります。これとは逆に、トップスをタイトにボトムにボリュームを持ってくることで、下半身の太さが気にならなくなるとうテクニックもあります。

 

このように、首やお腹、下半身など気になる部分を効果的に細く見せるスタイリングのテクニックはいくつかあります。ただ本質的には、健康面からも考慮しても、トレーニングによってスマートな体を作り上げることが理想です。皆さんもぜひ自分にあったスマートなスタイルを追求してみてはいかがでしょうか。



体系カバーのポイント

「この服欲しいけど、自分の体型に合わない!」、「スマートな服が着たいけど、体型が大きい自分には合わない!」という思いをしたことはありませんか?

私は骨格が良いためか、スキニーや細めのファッションが似合わなくて悔しい思いをしたことがあります。ただ、そんなときこそ役に立つファッションのテクニックがあります。ここでは体型別に、コンプレックスをカバーする秘訣みたいなものを紹介していきたいと思います。

 

恰幅の良い私からするとうらやましいのですが、痩せ型の人は「痩せすぎているのが悩み」という声もたまに聞きます。そのコンプレックスを隠そうとするがために、大きめの洋服を選んでしまい、さらにやせこけて見えてしまう、というのが問題です。ここは思い切って自分の体型にあったスマートなスタイリングを心がけましょう。痩せているのは弱点ではなく、誰もが羨む長所です。前向きにとらえてみてはいかがでしょう。

 

次に体育会系に多く見受けられる体型の良い(ごつい)人。無理に細めの服を着ようとすると、むちむちになってしまい、自分が思っている以上に体型をアピールしている場合があります。ここはあえてスマートな服を着るのではなく、ゆったりとしたスタイルのファッションをした方が良いと思います。また、ずんどう体型の方にもこのゆったりファッションがオススメです。好みの問題でもあるのですが、ストリート系のブランドなどに、ラージタイプの洋服が揃っています。結構シンプルで女性にも人気が高いブランドやシンプルなデザインも多いので、一度チェックしてみてはいかがでしょう。

 

また身長にもコンプレックスを持っている場合がありますね。下手にサイズが合っていないと、全体のバランスがちぐはぐになってしまい、コンプレックスがさらに他人にまで伝わってしまう場合もあります。ここで気をつけたいのは洋服の丈。長身の人が短い丈のボトムを履くと、バランスがわるくなったり、背の低い人がだぼだぼのボトムを履いていてもちょっとおかしいですよね。自分の体型にあった丈に気をつけるようにしましょう。

 

人はみな個性を持っています。しかし短所は時にして長所であり、長所は活かさなければ自分を苦しめる悩みの種となります。ファッションにはルールはありません。ここは一つ息を抜いて、自分らしく個性的に気軽にファッションを楽しむ方が、豊かな洋服との接し方ではないでしょうか。


あなたに似合う色を知る方法

知っているようでしらないファッションの要素、それが「自分のカラー」。前にも記したように、ファッションにおける色使いは、見た目を決定づける大切な要素。もちろんコーディネイトする際は自分に似合う色を使いたいですよね。しかし実際に「自分に似合う色は何か?」と問われるとよく分からない場合が多いのも事実。ではどうすれば自分に似合う色が分かるのでしょうか。

最短の方法は様々な色の洋服を実際に着てみて合わせてみることです。そして友人や知人に反応を聞きましょう。そのうち自分にしっくりくる色使いというのが分かるはずです。
また色の持つ意味合いや雰囲気を理解しましょう。

黒はシンプルで高級感があり、比較的フォーマルなイメージですよね。また、白はさわやかで清潔、清らかな印象があります。その色の持つ個性と自分の個性が合致した際、それが自分に似合う色だと言っても過言ではないでしょう。

ただし、いくら自分に似合う色だからと言って毎日同じ色だとさすがに飽きてしまいますよね。たまには冒険をして、着たことのない色の洋服にチャレンジするのも良いかもしれません。新しい自分の魅力と出会えるかもしれませんよ。