メンズファッション流行・トレンド情報

スポンサードリンク

誰にでも好印象を与える着こなし術

友人や周囲の知人の中で「この人もっと見た目に注意したら、より高い評価を得ることができるのに…」と思ってしまう人いませんか? 逆に、そういう評価を自分が他人からされている可能性もありますよね。やはり人は見た目が大事。人の評価は第一印象で決まるという科学的な根拠もあるほどです。ではどうすれば多くの人々に好印象を与えることができるのでしょう。

まず好印象を与える着こなしのポイントのひとつが、サイジングです。わざとサイズの合っていないラージタイプの着こなしを好むファッションスタイルもありますが、これは多くの人に好まれるファッションではありません。まずは自分の体型に合った洋服のサイズを知りましょう。

次に好印象を与える秘訣は洋服の色です。全身真っ赤や全身真っ青な格好をした人がいたら、ちょっとその人の性格を疑ってしまいますよね。できるだけ着用する洋服の色合いはシンプルなものにしましょう。

極端な場合を除き、着こなしの色使いに厳密なルールはありませんが基本的には「3色以内に押さえる」のがファッションにおける色使いの鉄則。トップス黒、ボトムスがベージュ、シューズが白といったようにシンプルにまとめた方が好印象を持たれやすいでしょう。

 

女性ウケするファッションのポイント

やはり「女性ウケしたい」と思うのは男性の世の常。ただ、ファッションにおいて男女間の価値観のギャップを感じたことはありませんか? 自分は「これは格好いい!」と思って着こなしていても、それが全く女性ウケするどころか、逆に悪い印象を与えてしまっている場合は多々あります。

ここでは、とりあえずどうすれば女性に好印象を与えることができるか、そのポイントをかいつまんで紹介していきましょう。

まず女性ウケするポイントとして大切な着こなしは「清潔感」があること。とにかくこの清潔感があれば問題はないでしょう。逆に清潔感に欠ける服装は女性ウケする云々の前に人としてあまり好印象を与えませんよね。できるだけシンプルなファッションを心がけましょう。

次に大切なのは流行、トレンドをいかにさりげなく押さえているかがポイントです。清潔感のあるファッションの弱点は「個性がない」こと。これでは女性に印象を残すことが難しいです。そこで自らの着こなしに流行を取り入れましょう。昨今のトレンドで言えば、トップスからボトムスまでタイトに押さえること。

またきっちりした格好ではなく、少しだけフェミニンな香りのするアイテムをさりげなく取り入れた方が良いでしょう。

ただ、女性ウケと言っても、女性1人1人が違うように好みや個性も女性それぞれ。あまりにこだわるのではなく、好きな相手にちょっと合わせてみる程度の心がけのほうが、好印象を与えるかもしれませんね。


悪印象を与えてしまうファッション

相手に悪印象を与えたいと思っているのは、おそらくごく僅かな人たち。ほとんどの人はできるだけ相手に好印象を残したいと思っているもの。ただ、自分が気付いていないだけで、いつのまにか自覚なく悪印象を与えているケースは少なくありません。そこに気付くべく、ここではどんなファッションが相手に悪印象を与えてしまうのか紹介していきたいと思います。

基本的に悪印象を与えてしまうファッションとは、これまで説明してきた格好の逆のことをすれば簡単です。清潔感がなく、色使いに節操がなく、サイズ感覚がなく…。こういった大まかなところは気付くのですが、細かい部分はなかなか見落としがちになります。

例えば、シワ。シャツにせよ、ジャケットにせよシワがあってはせっかくの洋服が台無しになります。日頃からアイロンをかけるなりクリーニングをするなり、手入れが必要。

また、シミや汚れもファッションの大敵。特に気をつけたいのが真っ白なシャツの汚れ。自分では意識していなくても、白シャツに変な汚れがあったら、あまり良い気持ちはしませんよね。

やはり着こなし云々より、細かい部分まで目が届き、自己管理がしっかりと出来ているという姿勢こそが、相手に良い印象を与えるものなのでしょう。