メンズファッション流行・トレンド情報

スポンサードリンク

タケオキクチの誕生

キクチタケオの創始者である菊池 武夫(きくち たけお、1939年5月25日 - )は日本を代表するファッションデザイナー。菊池氏はファッションブランドTAKEOKIKUCHIのデザイナー(初代)として知られており、東京都千代田区に12人兄弟の6番目として生まれた。

1951年に暁星高等学校を卒業し、文化学院美術科に入学。その後、1956年に原のぶ子デザインアカデミーを卒業し、佐藤賢司らと「服飾モダン・グループ」を結成。1968年-1971年まで資生堂でポスターやカタログ・キャンペーンなどのコスチュームデザイン制作のかたわら、1970年に東レの招聘によって、黒人モデルを起用したコレクションショーを行い日本のファッション界で一気に注目を浴びる。そして同年カネボウと契約を結びます。

1970年7月、レディースウェアを手がける株式会社ビギを設立した後、1975年 に「メンズ・ビギ」を設立。そして1978年にはメンズウェアとしては日本人で初めてパリへの進出を果たしました。菊池氏は、神戸に本社を持つワールドへ移籍後、「TAKEOKIKUCHI」、「ACEIFA」といったブランドを立ち上げた後、2004年にTAKEOKIKUCHIから手を引き、2005年に大人の男性を意識した 新ブランドとして「40CARATS&525」を設立し新たなメンズブームを作り出そうとしています。

 

タケオキクチ人気の秘密

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)は、時計や財布、バッグ、スーツ、ジャケット、シャツ、ネクタイ等が人気の日本のブランドです。 ワールドに移籍するまでは、デザイナーでありこのブランドの創始者である菊池氏がすべてのクリエーションをコントロールしているデザイナーズブランドの先駆け的存在でした。

スーツ、ジャケット、シャツ、ジャージ、Tシャツ、パンツ、コート などのウェアアイテムはもちろんのこと、靴、ベルト、ビジネスバッグ、サングラスなどのアクセサリー類にも絶大な人気を誇っています。

ウェアではトレンドを意識しつつ、大人の男を目指すさりげないお洒落感が定評のスーツは、20代前半の若い世代から30代後半まで幅広い層に人気があります。また、50,000円代からと価格的にも求めやすくなっています。 ビジネスシーンではもちろんのこと、華やかなパーティーシーンにも最適です。 カジュアルシーンからフォーマルシーンまで幅広く活躍してくれます

また、アクセサリー類が人気なのもスーツと同様に、トレンドを意識しながらも〝さりげなさ〟のエッセンスを忘れず、かつ価格的に求めやすいことがファンにとっては魅力となっており、ウェアとコーディネートしやすいのでセット買いしても〝キメキメ〟ではないスタイルが作り出せるのが人気の秘密のようです。

 

タケオキクチ取扱店

タケオキクチの取り扱い店舗は日本全国に数えきれないほど多くあり、そのほとんどが各地有名デパートのインショップとして存在しています。 例えば、関東地方には、主に東京、千葉、神奈川のエリアの大丸、阪急百貨店、銀座三越、マルイシティ、西武百貨店などでの取り扱いがあります。

また、近畿地方には大阪、京都、神戸などの主要三都市などにあり、高島屋、近鉄百貨店、阪神百貨店などで扱われています。 このブランドを作り上げてきた菊池氏が2004年に引退し、代わって信国大志というロンドン帰りのデザイナーが就任しました。それによって歴史的なテイストを保ちつつ、キクチタケオに新しいエネルギーが吹き込まれ、ここ数年さらに新鮮なデザインが次々と世の中に送り出されてきました。 日本のブランドの中でこれだけ〝メンズウェア〟に徹し、そして人気を保ち続けているブランドは他に例をみません。

ブランドを受け継いだ信国氏もメンズウェアを専門に学んできた人で、ロンドンでの学生時代にはジョンガリアーノのもとでアシスタントとして働いた経験をもつ次世代デザイナーです。彼は、タケオキクチ以外にも自身の名を冠したブランド、〝タイシノブクニ〟をもっており、オンリーショップは青山にあります。